読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんだふるわーるど

好きなものを好きなだけ

卒業する、ということ







モーニング娘。’15のコンサートに行ってきました。



わたしにとって、最後の13人体制です。
鞘師が「卒業します」と言った時、夢なんじゃないかって思いました。なんでこのタイミングで?なんで鞘師が?って、全然予測してなかったところを思いっきり蹴飛ばされた感覚でした。娘。を好きになってから、ずーっと応援してたとは言えないくらいの浅い歴史で、しかも推しではなくて。
それでも、鞘師がいる娘。を焼き付けたかったんです。忘れたくなかったんです。



とにかく、行って良かった。
1曲目から全力で踊り狂う鞘師が、まるでわたしたちに存在を焼き付けておきたいんだと言ってるようで、なんでか泣けた。この1日、この数時間、今のこの1曲に、彼女は彼女の全てをかけて挑んでいました。他のメンバーもそれに応えるように、ファンの皆さんも負けないように、パワーを与えあってる感じがした。素敵だなって思いました。
1人の女の子が、今の全部を捨てて新しいことを始めるのには、どれくらいの勇気が必要なんだろうと考えていました。もちろん捨てられるなんて思ってるわけじゃないんですけど、生活が全て変わるでしょ。活躍する場所も人数も、
なにもかも今とは違うわけじゃないですか。どんな思いで決断したのかなって、考えても考えても考えても考えても、わかんなくって。それでも鞘師は卒業する。それだけわかってる。
なんて強いんだろうなー。
それは鞘師だけじゃなくて、みんなも。
13人で出来る今を大切に、なんて口で言ってても気持ちが追いつけるわけないじゃんね。でもほんとにみんな全力で、噛み締めるみたいに笑ってるから、すごく強いなって思います。
わたし、なんだったらオープニングからずっと泣きぱなしだったのに(笑)

ちゃんと目に焼き付いた!忘れない!!




たぐちくんもこんな素敵なコンサートして欲しいな(小声)





ほんでレポじゃないけど覚えてるとこ。
まず、推しが風邪もケガもなくステージの上に立っていること。

なによりです。

一曲目からウィンクでとばしてくるから、変な声でた。なんなんだ、天使かよ。
やっぱさー、顔がいいよね!どストライクなんです。最初に(亀井さんが卒業して失意のどん底にいた頃)見たときさ、天使が降臨したんだと思ったんだよ。奇跡だったんだよ。
男役もやって、イケメンと言われることの方が多くなったような気がするけど、わたしにとっては汗っかきの美少女です。ほっぺを真っ赤にさせて前髪もおでこにへばりついて、髪の毛振り乱して、それでも美しい。その姿がただひたすら美しい。キラキラしてる。
身長も伸びて、最年少じゃなくなったあたりから、ずいぶん大人っぽくなったと思う!まだ小学生みたいなことで笑ってたりするけど(笑)歌うパートが増えて、画面に抜かれるときの表情とかもくるくる変わって、もうキャーキャー言うしかなくて追いつかない。かと思えばまーちゃんと目が合って笑いあったり(ちきぶんの曲中が一番可愛いポイント)カメラに向かってアイーンしたり、泣いたり笑ったり、



心臓止まるわ(高鳴りすぎて)





ダンスも上手!!わたしが今までちゃんと見てなかったのか、それとも成長したのかはわかんないけど、ダンス部入ったくらいからすげーピカピカしてる!身長が伸びたからかな?指先が色っぽかったり足が力強かったり、息継ぎすら美しいんだよ。もう最高。
歌もね、声だいすき〜。上手くなったよね〜。てかパートが極端に増えて聞く機会が増えたんだよね。すごいことだよ。幸せなこと。ちゃんと噛み締めなねれば。

わたしまーどぅーが死ぬほど好きなんですけど(突然)

ブログとかでつんけんしたりデレたりまーちゃんがぶれっぶれでちょっと心配になったりしますが、アンコールでまーどぅー2人とも泣いちゃったんだけどね、ここにいるぜの時にまーちゃんがはるかちゃんのとこ一目散に飛んでって抱きついて、2人で笑いながら泣いてて、ほんで楽しそうに歌ってて、なんかとても泣けたー。まーどぅーはわんあんどおんりーです。

あ、わんあんどおんりーで思い出したけど新曲さいこーでした。
改めてレポ見ましたけど「泣くわけないじゃない」って泣きながら歌う鞘師はとてもいとおしかったですね。つんくさんの作る曲が大好きだから、3曲とも作ってくれて嬉しい。公演終わったタイミングで、つんくさんのブログでわんあんどおんりーの日本語訳を読んで、止まった涙腺が再起動しました。あの人は、天才だ。愛がたくさん詰まってた!!!




そんなこんなで楽しいライブでした!いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい心が動いた!愛に溢れてて、幸せがたくさんだった。ありがたい。

次に会いに行くまで、わたしもはるかちゃんに負けないくらい成長してなきゃなー。